Environment働く環境を知る

日々過ごすことになるオフィスとは?働き方は?

働きやすさを叶える環境

働きやすさを叶える環境

「成長企業」と聞くと、「自分もどんどん成長できる!」というポジティブなイメージを浮かべていただける人だけではなく、
環境が整っていなさそう、遅くまで働きそう・・・という良くないなイメージを思い浮かべる方も中にはいるかも知れません。
しかし、企業経営者にアドバイスをする立場である我々が模範となる働き方をしていなければ本末転倒です。
特に内勤がメインの業務を担当しているスタッフにとっては、1日の大半を過ごすことになるオフィス。
ワンフロアで開放的な、明るい環境となるよう努めています。

人と人との交流を大切にする社風

年齢が近い・部署が同じ、という関係性であれば、自然と仲が良くなるかも知れません。
しかし、おかやま創研が目指しているのはその一歩先の、会社全体で円滑なコミュニケーションが図れる環境づくりです。
その一端が窺える、3つのポイントをご紹介します。

先輩と後輩の関係性づくり

外部機関による働きやすさ調査を実施したところ、「上司や先輩へ相談しやすい雰囲気があると思うか」という項目に関して20代社員の「そう思う」という回答率がなんと100%!先輩と後輩の関係性の良さに関して、自信を持つことができました。
(㈱船井総合研究所『組織力診断』2017年8月結果より)

先輩と後輩の関係性づくり

委員会活動

おかやま創研の「委員会活動」は、広報委員会や研修委員会など、通常の業務から一足離れて会社全体に関わるテーマを部署を超えたメンバー組織されます。年次や専門を超えて話し合うからこそ、新しい発想が生まれるだけではなく、普段交流が薄くなりがちな他部署のスタッフとも関係性を築けるため、誰にでも相談がしやすい雰囲気が培われていきます。

委員会活動

懇 親 会

忘年会をはじめ、会社全体での懇親会を年に数回開催しています。 部署の枠を超え親睦を深め、交流をはかれる行事となっています。

社員旅行